葉酸サプリメントと食品(食事性葉酸)の違いと活用

葉酸サプリメントと食品から上手に葉酸を摂取するには、まずはその違いを覚えましょう。葉酸サプリメントに含まれる葉酸は「モノグルタミン酸型の葉酸」と呼ばれ、摂取した85%ほどが体内で利用されます。また食品(食事)から摂取する葉酸を「食事性葉酸」と呼び、こちらは摂取した量の50%ほどしか体内で利用する事が出来ません。つまり葉酸サプリメントと食品で同じ量の葉酸を摂取した場合でも葉酸サプリメントの方が効率良く多くの葉酸を摂取する事が出来ます。

また食事性葉酸(食事・食品から葉酸を摂取する場合)の注意事項としては、葉酸は水に溶けやすく、加熱に弱い事から、調理過程でその半分程度が失われると言われています。つまり調理過程で半分失われ、そのさらに半分しか体内で利用する事が出来ないと言う事は、食事から摂れる葉酸は本来食材に含まれている葉酸量の1/4程度になってしまうと言う事です。食事からのみで1日に必用な葉酸を摂取するのは非常に困難だと言うのはこう言った理由があるためです。これではいくら食生活に気をつけていても葉酸が不足してしまいます。また、当サイトの「葉酸を失わない調理方法」では極力食品中の葉酸を失わない調理方法をご紹介しておりますので、こちらも合わせてご覧下さい

特に葉酸不足が深刻なのは妊娠を計画している女性や、妊婦、授乳期間の赤ちゃんのお母さんです。こちらに該当する方々は葉酸が不足すると本人の体調だけではなく、赤ちゃんの健康状態にも影響を及ぼしかねません。「葉酸サプリメントと妊娠」と言うサイトにも詳しくその重要性が掲載されていましたので気になる方は一読する事をお勧めいたします。

では葉酸はどのように摂取するのが一番良いのでしょうか。結論から言うと可能な限り食品(食事)から摂取し、やはりどうしても足りない部分は葉酸サプリメントを飲むのが良いと言えます。結局は普通のサプリメントと一緒と言う結論に思えますが、葉酸の場合は体内で吸収される割合(相対生体利用率)がサプリメントと食品(食事)では大きく異なるため、その特性を活かし葉酸サプリメントで通常必要量の半分かそれ以上を補給、残りを食事から摂るという方法が過剰摂取防止にも効果的のためおすすめです。つまり1日240μgの葉酸が必用な成人男女の場合は100μg~200μg程度の葉酸サプリメント+食事性葉酸(食品・食事から摂れる葉酸)で1日の葉酸を補うのが良いでしょう。